「日本人は劣っている」は日本人の偏見

「日本人は劣っている」は日本人の偏見

「日本人は劣っている」は日本人の偏見

日本人は、欧米人にコンプレックスを感じている人がとても多いです。

背が高い、鼻が高い、目がでかい、足が長い、金髪だ・・・などなど気になるところを挙げたらきりがありませんよね。

ですが、知っていて欲しいのは欧米人は欧米人のよさがあるように、日本人にも日本人の良さというものがあるのです。

日本人の小さめ(もしくは細め)の目、低めの鼻、キメが整った肌、小麦色の肌、黒髪、身長の低さなどなど、外見だけでも日本人の魅力をあげたらきりがありません。

私自身、これが「当たり前」で、他人に指摘されるまで気がつかなかったんですが、私たちにないものを持っている外国人に魅力を感じるのと同じように、相手もこういった「違い」に魅力的を感じるのです。

外見だけでなく、中身でも日本人の評価はものすごく高いです。

マジメ、礼儀正しい、きれい好き、相手をたてる、細かいところによく気がつくなどなど、女性は女性らしさがあるととても評価されています。

男性に対しても、口数は少ないけど、しっかり自分のことを考えていてくれる、ヘラヘラしている欧米人よりも男らしい、マジメというプラス名イメージを持っている人が多いです。

違っているからいい!そう自信を持つようにしてください。

自信過剰は問題ですが、自分を否定せずに、ある程度自分という人間に自信を持っている人は、いっそう魅力的に見えますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional