コミュニケーションの違い

コミュニケーションの違い

コミュニケーションの違い

応用言語学内の中で例としてよく挙げられるように、日本の言語や文化は、ハイコンテクスト、つまり「いちいち言葉に出さなくても、相手に自分の言いたいことが伝わる」代表的な言語・文化です。

一方で、欧米言語、とくに英語、そしてアメリカ文化はローコンテクストと呼ばれ、相手に自分の意思、要望などをはっきり伝えないと相手に自分の意思は伝わらないものとされています。

よく国際恋愛カップルであるのが「なんで私の考えがわかんないのっ!」というケンカです。

可愛くみせようとして、奥ゆかしくしているのはいいことです。

ですが、相手に何も言わず、自分の考えていることを分かってほしいというのは、相手がエスパー能力を持っていない限り無理な話です。

日本人の感覚で「少しずうずうしいかな?」と思っても、嫌なと思うことを含め、伝えたいことは遠慮せずにはっきり言いましょう。

相手は、思っているほど気にしていません。

だって、自分の国の人たちの方が私たち日本人よりももっとずうずうしいですから(笑)。

また、逆に相手がズバッと何かを言ってもあまり気にしないようにしましょう。

それがコミュニケーションの違いというものです。

ただ、ストレート過ぎても困りものです。

あまりにも失礼だな、こいつ!と思うようなことがあれば、「それは失礼だし、そいういうのは嫌」とはっきり言って教えてあげましょう。

こうして、お互いのコミュニケーションの度合いを学び、2人で調整してゆくことが大切です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional